プロフィール of 人気デザインジュエリー、結婚指輪のオーダー Jewelry Ryo Takeuchi (リョウタケウチ)  

ロゴ黒トップ.png

BRIDALBRIDALスペースSINPLESINPLEスペース2ARTARTスペース1ORDERORDERスペース3QUALITYQUALITY

HOME > プロフィール




プロフィール ボタン






 ー Concept ー

BRIDAL…『幸せな気持ちをいつまでも持ち続けて欲しい』という思いのもと、着け心地や金属の輝きにこだわり手になじむ滑らかなラインでデザイン展開。

SIMPLE…普段使いを意識してデザイン展開。日常にさりげないこだわりと彩を。

ART…自然や生物の中にある流れや形、生命力、神秘性から受けたイメージをデザインコンセプトに作品や商品を展開。

FULL ORDER…探しても見つからなかった、あなただけの思い描くジュエリーをカタチにします。











ー BRAND MEMBER ー


プロフ画.jpg

◆ Ryo Takeuchi...代表、ジュエリークリエーター

長野県出身。
2008年~ジュエリーの制作を始める。
2011年~有名企業のジュエリー職人として修業を積む。
2014年~ブランド設立。


自己紹介
ジュエリーの歴史を勉強していくうちに、ひとつひとつに意味があり、目に見えない力を信じてお守りや祈りを形にして身につける事で潜在意識を高めていたという事を知りました。
その事を知るまで、ただファッションアイテムとしてしか見ていませんでしたが、目に見えない『思想』を貴金属という朽ち無い素材を使用してカタチにしていること、紀元前につくられたものが現在まで残り、当時の人々の価値観や時代背景がそのまま残されていることに、私は神秘的な魅力を感じました。

ジュエリーは、結婚や婚約の時の幸せな気持ちや、プレゼントとして贈る時の相手への想い、忘れたくない自分の気持ちなど様々な想いをカタチに留めておけるものです。
周りの環境やその場の感情で自分を見失ってしまった時、身につけたジュエリーを見たり触れることで本当の気持ちを思いだすことができます。

幼いころからものづくりが好きだった事もあり、こういった様々な思いを恒久的に自分の側に持ち続けられるところに魅かれ、私の価値観や世界観のフィルターを通して意味や価値の高いジュエリーを発信していきたいと思ったのが始まりでした。


Mariko Tada...デザイナー、クラフトマン

岩手県出身
2007~金属工芸を学んだ後、ジュエリーの世界へ
2011~有名企業のジュエリー職人として従事


自己紹介

金属は固く、丈夫なもの。
一般的にはそう思われておりますが、本当は柔らかく、素直な素材なのです。

絵を描くのが好きで進んだ美大で、私は金属工芸と出会いました。
手の中で素材が輝いていく様子のわくわく感、仕上がりの美しさ、、
私は金属が大好きになりました。

学生時代、初めて作ったアクセサリーを自分の手で販売した時、
私の作る物はこんなにも人が喜んでくれるのかと、感激したのを覚えています。
この時の思いが、私がジュエリーの道を志し、制作を続けるきっかけとなっています。